« フロアコンソールボックスの照明 | トップページ | ボンネットダンパーの取り付け »

2021年5月 5日 (水)

リバースミラーコントローラー その4

アウトランダーPHEVでつけていたリバースミラーコントローラーMZ604732(アフィリンク)

エクリプスクロスPHEVに乗り換えるときに取り外してあったが、やっと取り付けた。
接続しなければならない配線は全部で10本。

常時電源とACCはETC取り付け用の延長ハーネスに接続するだけだし、アースも問題ない。
問題は、ドアミラーへの配線が6本とリバース信号への配線が1本。

基本的には「リバースミラーコントローラー その3」のままだが、アウトランダーPHEVとエクリプスクロスPHEVでは、コネクターの場所や番号、配線の色が違うためディーラーさんがコピーしてくれたアウトランダーPHEVの整備解説書と購入したエクリプスクロスPHEVの整備解説書を比較しながら、接続場所を探した。

その結果、ドアミラーの配線への割り込みとリバース信号の取り出しは次のようにすればいいということがわかった。

コネクタC128(助手席足元の発煙筒が刺さっているカウルサイドトリムの中)の
14番ピンク線を切り、ドアミラー側にコントローラーの「緑/白」、コネクタ側に「緑」をつなぐ。
15番黄緑の線を切り、ドアミラー側にコントローラーの「青/白」、コネクタ側に「青」をつなぐ。
16番白色の線を切り、ドアミラー側にコントローラーの「赤/黄」、コネクタ側に「赤/白」をつなぐ。

C128
C128コネクター。#14~#16の線を切ってコントローラーの線を割り込ませる。

コネクタC419(グローブボックス奥のジャンクションボックス)の
9番黄色の線に赤/緑を接続する。赤/緑線には元々エレクトロタップがつけられている。

C419
#9の黄色線にコントロ-ラーの線をエレクトロタップで接続する。

今回の取り付けで一番苦労したのは、コントローラー本体をどこにつけるかだった。アウトランダーPHEVの時は大して悩まなかったが、エクリプスクロスPHEVは意外にいい場所がなく、最終的にグローブボックスAssyの左上、エアコン吹き出し口の下辺りに取り付けた。写真は撮り忘れ。

ちなみに、C128の3本の色はサイドビューカメラ装着車のもので、サイドビューカメラ非装着車の場合、14番は青藤/青、15番は青藤/紫、16番は青藤/緑になっているらしい。

アラウンドビューがついていても、助手席側ドアミラーが下を向いてくれるとバックのしやすさが違う。

|

« フロアコンソールボックスの照明 | トップページ | ボンネットダンパーの取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フロアコンソールボックスの照明 | トップページ | ボンネットダンパーの取り付け »