« エクリプスクロスPHEV納車 | トップページ | ストラット上部のダストカバー装着 »

2021年3月 6日 (土)

ドライブレコーダー配線処理

納車当日にとりあえずシガーソケットから電源を取って取り付けたドライブレコーダー。

アウトランダーPHEVから取り外しておいたPowerMagicProを使って配線し直し。

PowerMagicProは、常時電源(12V)、ACC、アースの3本をつなぐ必要がある。電源を取ったり配線を隠したりするにはグローブボックス周りをばらさないとならない。

【手順】

1 グローブボックス取り外し

  1. グローブボックスをあけて右側にあるダンパーを外し、左右の引っかかりを外し手前に引き抜く。

2 インストルメントパネルガーニッシュ取り外し

  1. ガーニッシュの下側の切り欠きに内装外しを差し込んで少し浮かせる。
  2. フロアコンソールボックス側の下側に内装外しを差し込んで浮かせ、突起をフロアコンソールから外して全体を引き上げる。
  3. ストラップを外す。

ガーニッシュ突起
赤丸の中の突起をフロアコンソールから外す

ストラップ
ストラップを取り外す

3 スカッフプレート、カウルサイドトリム取り外し

4 グローブボックスケースASSYの取り外し

  1. クリップ2個を外してインストルメントパネルアンダーカバーを取り外す。
  2. タッピングビス4本を外してグローブボックスケースASSYを取り外す。

オプションのETC取り付けのために、ETACS-ECUの空きコネクターから常時電源とACCをとれる延長ハーネスが付いているので、そこから電源を取ろうと思ったが、ヒューズを入れるのが面倒だったので、エーモンの「ミニ平型ヒューズ電源」を使って電源を取ることにした。常時電源にはスイッチを間に入れた。

ハーネス
線で囲んだのがETC用の延長ハーネス
* タイラップでとめたのは、ETCの配線保護のため。

PowerMagicProはグローブボックス上段に取り付けた。

PMP
取り付けたPowerMagicProとスイッチ(逆さまなのはわざと)

前回も書いたように、センサー類が多くなってドライブレコーダーを真ん中につけられない。

A800
今使っているのは 70mai A800

 

取り付け途中で「ミニ平型ヒューズ電源」を買いに行ったり、昼食を取ったりしたが、実質2時間程度で終了。

整備解説書がないと内装をばらすのは多分無理。買っておいて良かった。

 

リアウィンドウにもドライブレコーダーをつけたいが、同じ70maiのProだと高さがあって後方視界が気になるのと、電源を入れたらやはりテレビの映りが悪くなったので今日は取り付けをやめた。
AliExpressで良さそうなのがあった。元々$40しない上に月曜日には$10引きのセールがあるようなので、月曜日待ち。
テレビへの影響はわからないが・・・。

<追記>
購入したのは DDPai Mini Dash Cam (購入価格$29.99)だったが、取り付けするリアウィンドウにテレビのアンテナがあるためか、テレビは全く映らなくなった。元々ワンセグしか受信できないような田舎だが、ひどすぎる。
70maiProの場合、少し受信感度は落ちるが、全く映らない、ということはない。
また、自分が購入した Official Store では2021.5.5現在価格が$49.99 に上昇し、日本への出荷はできなくなっている。
別のストアでは$36.99。画質はとても良かったが、おすすめはできない。

ddpai-mini

|

« エクリプスクロスPHEV納車 | トップページ | ストラット上部のダストカバー装着 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エクリプスクロスPHEV納車 | トップページ | ストラット上部のダストカバー装着 »