« 高速道路利用実態調査 | トップページ | 新型の真似 »

2015年5月24日 (日)

ドラレコ交換(mini0806)

アウトランダーPHEVに乗り換えたとき、前の車から移植したドラレコはBLACKVUE DR400G-HDだった。
去年の春、同じBLACKVUEのDR500GW-HDに変えた。
起動時間は約45秒から少し早くなって約35秒になった。
しかし、
(1)画角が大きくなったことによって細かい部分(ナンバーの地名やひらがな)が読み取れなくなった。
(2)起動に失敗することがまれにある。
という2点が気になっていた。
起動時間が多少長いのと(2)についてはオプションのPowerMagicProを使うことによって全く問題がなかったが、(1)はどうしようもならず、次のドラレコを探していた。
2ちゃんねるのドラレコスレなどいろいろなサイトを見て回った結果、ようやく見つけたのが mini0806

AliExpress(あまり評判がいいとは言えないAliだがその中では評価の高いShenzhen Blueskyocean Technology Co., Ltd. Store No.906231)で$120で購入。
ポチってから15日目に無事到着。
Dsc_0445
セット内容
 本体 電源コード USBケーブル 両面テープ4枚
 角度調整板 ビス コードクリップ クリーナークロス

とりあえず通電させてみると、録画もできるし、GPSも受信したのでとりあえず一安心。

Dsc_0451
いきなり取付後の写真
 上のボツボツはルームミラーのレバー。

で、取り忘れていた新旧比較写真
急遽横に貼ってみた。
Dsc_0452

Dsc_0453
長さ(幅)はかなり短く見えるが、GPS受信部を内蔵した取付ステーがあるので全体では500GWの11.8cmに対して9.5cmと2cm程度の差。(本体だけなら約7cm)
太さはあまり変わらず。

販売サイトの写真とは上下反対に取り付けてあるが、設定で映像その他を180度反転する機能がある。
また、取付ステーの上と下の両方に電源用microUSB端子がある。どちらを選んでも問題ない。
LDWのカメラがあるのでこの機能はうれしい。
(500GWは専用の再生ソフトで反転させる機能があるが、一般の再生ソフトを使うと逆さまになってしまう。)

|

« 高速道路利用実態調査 | トップページ | 新型の真似 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47850/61640563

この記事へのトラックバック一覧です: ドラレコ交換(mini0806):

« 高速道路利用実態調査 | トップページ | 新型の真似 »