« リバースミラーコントローラー その1 | トップページ | Ralliartのアルミペダル »

2014年4月27日 (日)

リバースミラーコントローラー その2

その1からの続き

接続すべきコネクターが見つからない、というかわからないので、ディーラーに点検の時にでも聞いてみようと思っていたら4回目のリコール。

担当セールスさんからリコールの連絡があったときに聞いてみた。
「つけてもらえませんか?」
結果は「×」。
何かあったときに責任をとれないから、ということらしい。
まぁ仕方ないでしょう。

そのかわり、旧型とPHEVの整備解説書をコピーしてくれた。
しかもこのコピーとオプションの取付説明書のコピーの何カ所かに赤ペンで補足してくれてある。

ディーラーの担当者さんありがとうございます。

両方の回路図と取付説明書(補足付き)を見ながら、またバラす。
今度はグローブボックスの周りの大型部品も取り外した。
Img_3856

Img_20140315_133258926

ジャンクションブロックにアクセスするにはこれを外さないとどうしようもない。

実物を見ると、1か月前に思ったとおりのコネクターだった。

そのコネクターからハーネスを外し・・・外し方も旧型のそれとは違い、悪戦苦闘。
30分以上かけてやっと1本・・・その端子をオプション付属の空コネクターに挿入・・・挿さらない。比べて見ると端子の形が違う。
そうすると方法は一つ。ハーネスを切断して別の方法でつなぐしかない。
グローブボックス周辺を外したままカー用品店へ。

つながなければいけないのは3本ずつ2カ所。
カプラー4極2組にしようか、接続コネクターにしようか、ひとしきり悩んだが、接続コネクターにした。
理由は、(1)取り外しの可能性はほとんどないこと、(2)コネクターを引き出せる長さが短く作業がしづらい場所であること、(3)カプラーだと被覆を取ることとかしめが必要で、それに使う細線用電工ペンチが高いこと。

オプションの端子(本来は茶色24Pコネクターに差し替える端子)を切り落とし、接続コネクターをつける。それに対応する車両側のハーネスを切って(これがもうドキドキ。間違っていたら大変だし、切る場所も考えないといけない。)接続コネクターをつける。そして2本を接続。これを6回繰り返す。
Img_3857

異音防止にtesaテープをまいた。

次にリバース信号線に分岐コネクターを接続。これは補足説明で赤丸をつけてくれてあるので接続位置だけ考えればいい。念のためReadyにしてリバースに入れてみると12Vが出たので間違いない。
次はアース。アース用のボルトがあるのでそこに接続するだけ。

そして電源。ジャンクションブロックに接続するのは新旧変わらないが、場所が違う。しかしこれも整備解説書のコピーに赤丸をつけてくれてある。

すでにDSRCの電源用でふさがっているが、そこにつなげられるようになっているので、接続。

最後にハーネスと本体を接続。これで接続すべきところはすべて接続した。

ドキドキしながらReady、一呼吸置いてリバースへ。
下がった。いや、下がりすぎた。
本体のディップスイッチで変位角度を調整し、外したグローブボックス他を元にもどして終了。

一番手間取ったのがコネクターから端子を外す作業だったが、結果として必要のない作業だった。
途中の部品調達と端子外しの時間を除くと、実質2時間程度。

汎用品と比べて価格は高いが、前の車の時と同じ感覚なのと純正の安心感が一番。

|

« リバースミラーコントローラー その1 | トップページ | Ralliartのアルミペダル »

コメント

こんにちは。
お久しぶりです。

パイカルさんの記事で、グローブボックス周辺の大型部品の取り外しで悪戦苦闘してます…
助手席側エアコン吹き出し口下から内張剥がしを差し込むんでしょうかね?

これがジャンクションコネクタまでのアクセスを邪魔しております…

投稿: えあ | 2015年10月31日 (土) 10時22分

Hello! Could you show the manual of installation for this device? Thanks!

投稿: PSYcho | 2015年11月 1日 (日) 02時10分

エアさん こんにちは

今日にでも試せるように、とりあえず記憶だけで書いておきます。
グローブボックスは外してあるとして・・・
1)ナビ周りのパネルを外します。
2)その下のパネルを外します。次のページで温度計を取り付けたパネルです。
http://pycal.air-nifty.com/pycal/2013/06/post-56b5.html
3)助手席ドアのウェザーストリップを少し外し、エアコン吹き出し口の左側面にある扇型のパネルを外します。
(ここまではめ込みだけです)

4)助手席足元の上にあるパネルも外します。
(プラスチックのピンを外すだけ)

ここまで外すと、このページの2枚目の大型部品を固定するビスが全部見えると思います。

投稿: パイカル | 2015年11月 1日 (日) 09時24分

Hello PSYcho I am Pycal.

What is the next thing that you want to know?
Connect the way of the body of the wiring and device wiring.
For example, connects the red line and a yellow line.

Please give me some time.

投稿: パイカル | 2015年11月 1日 (日) 09時39分

ありがとうございます!
実はこのたび、OBD車速オートロックを購入したのですが、取り付けが難しくて…
結局、ディーラーでやってもらいましたが、なぜか上手く作動しません。でも信号は送られてるみたいなのですが、コネクタを付けた瞬間、走ってもいないのに施錠、そして解錠は手動…と、なんだか上手くいってません…

投稿: えあ | 2015年11月 1日 (日) 20時35分

大変ですね。
その動きって、動作が反対になってる感じですね。
配線を見直してもらった方がいいかもしれません。

投稿: パイカル | 2015年11月 1日 (日) 21時52分

Just i have the controller like this, but without manual. And trying to install it to LHD Lancer X. The problem is the wiring of this car is different and i'd like to deal with it. Also i'd like to know more about switches. The full scan will be better decision. Of course, if you is not too much trouble. Thanks in advance!

投稿: PSYcho | 2015年11月 2日 (月) 00時48分

I'm going to have understood your request.

The wiring diagram and photos I've posted here.
I'm glad when you have me as a reference.
Connectors and wiring of Lancer X and PHEV is same, it's goood thing.

http://pycal.air-nifty.com/pycal/2015/11/post-c16f.html

投稿: パイカル | 2015年11月 3日 (火) 11時29分

販売元に問い合わせしましたら、無事に作動しました!
やはりパイカルさんも仰った通り、配線(ツメ)の向きが間違ってたみたいですね。
さて…次はパイカルさんと同じ、リバースミラー下降がしたい!って、2種類のOBDは同時に刺せないかも!ショック…

投稿: えあ | 2015年11月 3日 (火) 22時43分

良かったですね。
MZ604732だったらOBD2も必要ないですよ。汎用品でも電源とリバース信号とモーターへの信号線だけだと思うので、OBD2を必要としていない物があります。
うちのもう1台、D:2には汎用品をつけてあります。こちらはメーカーが車種別の配線図を出してくれてあるので、簡単に取り付けできました。

http://pycal.air-nifty.com/pycal/2015/11/post-c16f.html にMZ604732の配線図や写真を一部上げてあります。
そのほかに必要な電源とリバース信号はジャンクションボックスから取れます。必要になったらコメントください。

投稿: パイカル | 2015年11月 3日 (火) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/47850/59540739

この記事へのトラックバック一覧です: リバースミラーコントローラー その2:

« リバースミラーコントローラー その1 | トップページ | Ralliartのアルミペダル »