2021年3月30日 (火)

1ヶ月点検

納車から1ヶ月。1ヶ月点検とメーカー欠品だったオプションのベースキャリア取り付け。

点検はもちろん何も問題なし。通常のガソリンエンジン車ならオイル交換をするんだろうけど、チェックのみ。

走行距離492km

| | コメント (0)

2021年3月20日 (土)

内装ピアノブラックの擦り傷消しとコーティング

エクリプスクロスの内装にはピアノブラックが多用されている。

その中でも面積が一番大きい部品名シフトレバーパネル(センターコンソール)。

そのシフトレバーパネのセレクターレバーとドリンクホルダーの間にいつの間にか擦り傷が付いていた。仕事に持って行っているバッグか何かで付いたんだろう。かなり浅い傷のようだけど、光の反射でよく目立つ。

Youtubeを見ていたら、車の大辞典cacaca のしのピーさんが1年前にあげた動画「コンパウンドで内装の小傷をひたらすら磨いてみた!」を見つけた。チャンネル登録してあるから見たことがあった気もする・・・。

さらにチラカーライフ〈プジョー案内人〉さんの「【超簡単】ピアノブラックをキズから守る内装コーティング【新型プジョー2008】」も見つけた。

これらの動画で紹介されていたセラミックコンパウンド (TT25)プロスタッフ 車用 ガラス系ボディーコーティング剤 グラシアス S143 スプレータイプ マイクロファイバークロス×2枚付き(どちらもアフィです)を早速購入。

傷が浅そうなので、最初からセラミックコンパウンドだけ使ってみた。マイクロファイバーのタオルに少しつけて力を入れずに擦ること15分~20分。ほとんど見えなくなったので、グラシアスでコーティング。触った感じはすべすべになり、手のあともつきづらくなった。

コーティング後
施工後はこうなった。
擦り傷は蛍光灯とピラーの映り込みの間にあったんだけど、全くわからないでしょ。

 

おまけ
作業が終わってから捜し物をしていたら、グラシアスの試供品が出てきた。
何を買ったときにもらったのか全く記憶にない。先に見つけていれば買わなくて済んだのに・・・。

 

| | コメント (0)

2021年3月14日 (日)

フットレスト取り付け

標準のフットレストは位置が低いので、アルミ+ゴムのフットレストを取り付けた。

フットレストはAliExpressで購入した縦21cm、横8cmのもの。

フットレスト
取り付け状態
4本のビスのうち右上の1本は飾り(土台無し)

これを直接つけてもまだ低いので、厚さ1cmの木の板を間に挟んだ。そのままだと水気の問題があるので塗装をした。どうせ見えないので、手元にあった茶色のスプレーを使用。

かさ上げ
かさ上げ状態。実際よりかなり明るい茶色に見える。

 

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

USBメモリー

SDAでUSBメモリーの中の音楽を再生したり動画を見たりすることができる。
しかし、SDAの説明書には、

USBメモリーを使用するときは、市販の接続ケーブルを使用してください。接続ケーブルを使用しないで接続するとUSB接合部に負荷がかかりコネクターが破損する場合があります。

と書いてある。要するに何かをぶつけたりして負荷がかからないような小さいUSBメモリーなら直でいいんだよね、と思ってSanDiskの小さいUSBメモリーを購入。

USBメモリー
普通のUSBメモリー(白いの)と比べると小ささがわかると思う。

このUSBメモリー、普通に音楽も動画も再生できて、良かった良かった、と思ったら・・・

車に乗るたびに1曲目からの再生になってしまう。改めて説明書を見ると、

車両や機器の状態によりエンジン始動時に続き再生にならないことがあります。

だって。まさに今の状態。他のUSBメモリーでは続き再生ができるのだから、このUSBメモリーが原因なのは明らか。

残念だけど、白い方のUSBメモリーを使うことにしよう。

今回買ったのも不良品ではなく普通に使用できるので他で使うことにする。

 

 

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

ストラット上部のダストカバー装着

アウトランダーPHEVでもつけていたストラット上部のダストカバー。

エクリプスクロスPHEVでも標準装備はされていなかったので、購入し装着した。

パーツナンバーは 4060A136。装着時間2分。

ダストカバー
ダストカバー パーツナンバー4060A136

ダストカバー裏側
ダストカバー裏側 パーツナンバーあり

運転席側装着
運転席側装着後

助手席側装着
助手席側装着後

| | コメント (0)

2021年3月 6日 (土)

ドライブレコーダー配線処理

納車当日にとりあえずシガーソケットから電源を取って取り付けたドライブレコーダー。

アウトランダーPHEVから取り外しておいたPowerMagicProを使って配線し直し。

PowerMagicProは、常時電源(12V)、ACC、アースの3本をつなぐ必要がある。電源を取ったり配線を隠したりするにはグローブボックス周りをばらさないとならない。

【手順】

1 グローブボックス取り外し

  1. グローブボックスをあけて右側にあるダンパーを外し、左右の引っかかりを外し手前に引き抜く。

2 インストルメントパネルガーニッシュ取り外し

  1. ガーニッシュの下側の切り欠きに内装外しを差し込んで少し浮かせる。
  2. フロアコンソールボックス側の下側に内装外しを差し込んで浮かせ、突起をフロアコンソールから外して全体を引き上げる。
  3. ストラップを外す。

ガーニッシュ突起
赤丸の中の突起をフロアコンソールから外す

ストラップ
ストラップを取り外す

3 スカッフプレート、カウルサイドトリム取り外し

4 グローブボックスケースASSYの取り外し

  1. クリップ2個を外してインストルメントパネルアンダーカバーを取り外す。
  2. タッピングビス4本を外してグローブボックスケースASSYを取り外す。

オプションのETC取り付けのために、ETACS-ECUの空きコネクターから常時電源とACCをとれる延長ハーネスが付いているので、そこから電源を取ろうと思ったが、ヒューズを入れるのが面倒だったので、エーモンの「ミニ平型ヒューズ電源」を使って電源を取ることにした。常時電源にはスイッチを間に入れた。

ハーネス
線で囲んだのがETC用の延長ハーネス
* タイラップでとめたのは、ETCの配線保護のため。

PowerMagicProはグローブボックス上段に取り付けた。

PMP
取り付けたPowerMagicProとスイッチ(逆さまなのはわざと)

前回も書いたように、センサー類が多くなってドライブレコーダーを真ん中につけられない。

A800
今使っているのは 70mai A800

 

取り付け途中で「ミニ平型ヒューズ電源」を買いに行ったり、昼食を取ったりしたが、実質2時間程度で終了。

整備解説書がないと内装をばらすのは多分無理。買っておいて良かった。

 

リアウィンドウにもドライブレコーダーをつけたいが、同じ70maiのProだと高さがあって後方視界が気になるのと、電源を入れたらやはりテレビの映りが悪くなったので今日は取り付けをやめた。
AliExpressで良さそうなのがあった。元々$40しない上に月曜日には$10引きのセールがあるようなので、月曜日待ち。
テレビへの影響はわからないが・・・。

| | コメント (0)

2021年2月28日 (日)

エクリプスクロスPHEV納車

エクリプスクロスPHEV納車、というかディーラーに取りに行った。

途中、以前話をしてあったディーラー近くの買い取り店に立ち寄り、買い取りしてもらった。

そこからディーラに向かうと、それらしきエクリプスクロスPHEVが店頭に。
営業さんから説明を聞き、しばらく雑談をして帰宅。出発時のODDメーターは9km。

買い取り店の前を通ると、先ほどでアウトランダーPHEVを停めた場所には既に別の車。
奥に移動しただけだと思うが、やはり寂しい。

帰宅してすぐ、ドライブレコーダーを取り付け。今日はとりあえずシガーソケットから。
そのうち、以前から使っているPowerMagicProを使って配線をやり直すつもり。
アウトランダーPHEVではレンズがセンターになるように取り付けてあったが、エクリプスクロスPHEVでは無理っぽいので助手席側に取り付け。

ほかに、バックランプやルームランプ、ライセンスランプをLEDバルブに取り替えた。

終わってからドライブがてら少し離れたガソリンスタンドへ。32.75L給油。給油時のODDメーターは62km。

現在のODD79km、今日1日で70km走行。

| | コメント (0)

2021年2月16日 (火)

TV-KIT取り付け

ディーラーの担当者さんから電話があった。内容はTV-KIT(MTV419)の設定について。

このTV-KITはアウトランダー用となっていて、メーカーサイトでもエクリプスクロスPHEVへの対応情報は載っていないが、ネット情報では使える、となっていたので、それを信じて購入してあり、担当者さんに取り付けをお願いしてあったもの。

アウトランダーPHEVのMMCSとMTV311との組み合わせと違い、テレビを見られるようにしてもナビが止まらないらしい。
そして、デフォルトでオンにするかオフにするかのジャンパーがあるので、どちらにするか、スイッチはどこにつけるか、と言う確認だった。

アウトランダーPHEVのときは自分でつけたが、今回は横着・・・。

* 取り付けできないという連絡はないけれど、実際に使えるのか未確認なのでご注意を。

きちんと作動しています。

 

| | コメント (0)

2021年2月14日 (日)

最後のタイヤ入れ替え(冬→夏)

2月13日、スタッドレスから夏タイヤに交換。
ちょっと早いかなとは思ったが、エクリプスクロスPHEVがディーラーに届いたようなのと、雪も降りそうもないので交換した。

走行距離64,522km

スタッドレスタイヤでの走行距離 805km (64,522km - 63,717km)

リアは今までどおりリアサスのクロスメンバーにジャッキを当てて交換。
フロントはあまりにも重いのでサイドシルのジャッキポイントを使って片側ずつ交換した。

雪は1回だけチラチラと舞っただけだった。氷は見なかった。

去年のタイヤ入れ替え時点で59,831kmだったので11ヶ月4,691km。少なっ!

エクリプスクロスPHEVはアウトランダーPHEVとタイヤサイズが同じなので助かる。

| | コメント (0)

2021年1月24日 (日)

1/24は アウトランダーPHEV の誕生日です

1/24は『#アウトランダーPHEV』の誕生日

| | コメント (0)

2021年1月12日 (火)

エクリプスクロスPHEV購入

12月にエクリプスクロスPHEVの試乗をして、「未だ買えない・・・。」と書いたが、買ってしまった。
ディーラーの初売りで本体20万円引き(5台のうち4台目らしい)。他にオプションで少し。

ということで、このブログのタイトルも変更。
しかし、アウトランダーPHEVと違って弄りたい、と思うところが少ない気がする。

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

タイヤ入れ替え(夏→冬)

夏タイヤからスタッドレスに交換
今年は寒くなるのが遅かったが、急に氷点下になるようになったので、いつものカー用品店での交換は予約取れないだろうな、ということで、確認もしないで、自分で交換することにした。
63,717km 夏タイヤでの走行距離3,886km(63,717-59,831km)

以前も書いたがリアはガレージジャッキで簡単に上げられるが、フロントはジャッキアップポイントが奥過ぎてレバーを上下させられない。

今回は、以前購入してあった整備用スロープを使ってジャッキアップした。
フロントもリアも、車体の重さに対するガレージジャッキのチカラが足りなくて上げるのに一苦労。
車体は重いしタイヤも重いし、やっぱり疲れた。

| | コメント (0)

2020年12月 6日 (日)

エクリプスクロスPHEV試乗

エクリプスクロスPHEVに試乗。距離は10km弱。雨だったのでただ走っただけ。

PHEVのシステムは現行のアウトランダーPHEVと同じらしい。

自分のとは世代の違いを感じるが、未だ買えない・・・。

 

 

| | コメント (0)

2020年11月28日 (土)

ドアミラーの調整ができない

先日、左のドアミラーが動かないことに気がついた。

リバースミラーコントローラーは正常に動いているのと、電動格納は問題なく動いているので気づかなかった。

リバースミラーコントローラーの取付は → 「リバースミラーコントローラー その2」

左右切替スイッチを何度か動かしてみたがダメ。一時的な故障という感じではない。

しかし、リバースミラーコントローラーは正常に動いているので、左右方向のモーターはわからないが、少なくとも上下方向のモーターが壊れているわけではない。

電動リモコンミラースイッチが原因か?ということで、点検してみることにした。

まずは、ドアミラースイッチを外さないといけない。

外し方は「ドアスイッチパネルの交換」でやったとおり。


整備解説書に従って導通チェックをしたが、問題はなかった。

スイッチ裏 ドアミラースイッチの裏と解説書

そうすると、リバースミラーコントローラーそのものか、ドアミラースイッチとコントローラーの間の問題?

コントローラーはドアミラースイッチとドアミラーの間に割り込ませてあるので、一度、コントローラーを外して元通りにしてみることにした。
フロントスカッフプレートとカウルサイドトリムを取り外し、割り込みさせてある6カ所のコネクターにアクセス。
そのコネクターを切り離したところで、ふと、接触不良の確認をしよう、と思った。


コネクター
割り込みのコネクター

端子部分にKUREのコンタクトスプレーを吹いてもう一度つなぎ直し、ドアミラースイッチの3本のコネクターもつないで確認したら、動いた。

ということで・・・原因:接触不良

何度か抜き差しをしても問題が再発しないことを確認して、ドアトリムやカウルサイドトリムを元に戻して終了。

ちなみに、KUREのコンタクトスプレーは、回すと接触の問題でガリガリ言っていたPC用スピーカーのボリューム(可変抵抗)に一拭きするだけで完治した。

| | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

エアバッグモジュールを外してみた

2年前に中国製のステアリングカバーを取り付けた。→その時の記事

太さも手触りもとても気に入っていたが、やはり中国製なのか、一部表面が剥がれた。しかもそこがベトベトする。それでも、この太さと手触りを手放したくはないので、懲りずにまた同じ物を購入した。同じ物といっても見た目と材質だけで製造元とかの情報は全く不明。説明書とか付属品とかが全開とは違うような気がする。前回よりかなり高くなってしまったが、前回はセールだったのか、かなり安く購入したから仕方がない。→購入したのはこれ

古いのを外して新しいのを取り付けるだけだが、今回は作業しやすくするため、エアバッグモジュールとステアリングオーディオスイッチを外した。


<エアバッグモジュールの取り外し手順>

1.ハンドルを45度程度回して、ハンドル後ろのサービスホールにドライバーをさせるようにして、スイッチ固定ネジ(左右各1本)を取り外す。

2.補機バッテリーのマイナス端子を外す。

warning パワースイッチの電源モードをOFF後、2分間は補機用バッテリーのマイナス端子を切離さないこと。

3.ハンドルの裏側、左右、下側の3カ所のサービスホールにマイナスドライバーを差し込み、中にある棒を押し込んで嵌合を外す。下側は棒じゃないかも。

caution ・バッテリーの(-)端子を外してから60秒以上待って作業を行うこと。また、外した(-)端子はテープを巻いて絶縁すること。
・エアバッグモジュール及びクロックスプリングは絶対に分解又は修理をしてはならない。故障時は新品の部品と交換すること。
・エアバッグモジュール及びクロックスプリングの取扱いには充分注意し、落としたり、水や油等で濡らしたりしないこと。また、へこみ、割れ、変形等がある場合は必ず新品の部品と交換すること。
・エアバッグモジュールはエアバッグ展開面を上にして平坦な場所で保管すること。また、上に物を重ねて置かないこと。
・エアバッグモジュールは、93°Cを超える場所で保管してはならない。

エアバッグモジュール裏
左右にある棒と下側をマイナスドラーバーで押し込む。

4.エアバッグモジュールに着いている端子2カ所を外す。ロックボタンはマイナスドライバーで引き上げる。
エアバッグモジュール端子
オレンジ色の端子に着いている黄色い部分がロックボタン

5.ステアリングオーディオスイッチは手前に引き抜いてコネクターを外すだけ。
ステアリングスイッチ裏
YouTubeで「エアバッグモジュールを取り外した状態でキーをオンにすると、システムエラーが出てしまい、ディーラーに持ち込まないと解除ができない」という他車種の情報を見たことがある。アウトランダーPHEVがどうかはわからないが、Readyにはしないようにした。

これで、作業しやすくなったので、あとは前回と同じ作業をするだけ。

6.完成
完成
多少しわが寄っているが、しばらくするとなじんでくる(経験済み)。

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

フロアコンソールボックスの蓋(さらに改善)

数年前、フロアコンソールボックスの蓋にクラッツィオのカバーをつけたときに、100均の傷防止クッションを中に入れてみた。

フロアコンソールボックスの蓋

その後、シート生地がひび割れたときにクラッツィオのシートカバーセットを購入し、ステッチの色が違うためカバーだけ交換した。

その状態でずっと使っていたが、他で使うために買った1.2m×2.0m(厚さ1cm)の大きなウレタンチップクッション(2,000円しなかったと思う)が余っていたので、傷防止クッションの上に重ねて入れてみた。

クッション厚さ
 厚さ1cmのウレタンチップクッション(の余り)

斜め前方から
 斜め前方から・・・写真ではでこぼこが目立つけど使用上の問題は全くなし。

後方から
 後方から・・・一番厚みが良くわかる角度。

へこみ具合
 押したときのへこみ具合・・・メガネレンチの外周部分が沈むくらい。

あらためてフロアコンソールボックスの蓋を見ると、100均の傷防止クッションは1枚しか入れていない感じ。いつなのかは忘れたが、2枚重ねにしてあって、さらに今回のウレタンチップクッションを重ねたので、クラッツィオのカバーの裾部分(蓋の裏に挟み込む部分)が足りなくなりそうだったが、ヘラを使ったりしながらなんとか挟み込んだような状況。

| | コメント (0)

2020年4月10日 (金)

グローブボックス照明のLED化

グローブボックスの照明が暗いなぁと感じていたけど、小さいバルブの規格を調べる気にもならなかったのでずーっとそのままになっていた。

たまたま規格がT5と言うことがわかったので、楽天で検索してみたらなんと、税込み99円、送料無料の商品があったので買ってみた。
T5LED

購入しようとしたら396円以上にならないと購入できなかったので、
他の種類も購入し、明るさ、拡散具合の一番いいこれを使用した。

早速取り付けて、ついでに、バルブを囲むようにアルミテープを貼って反射にも期待。

set1
Dsc_0124
そのままグローブボックスASSYを取り付けてみたら全然明るくない。(写真撮り忘れ)

確認してみると、発光点が標準バルブと違っているため、グローブボックスASSYにある穴の場所と思い切りずれていた。

LEDと標準バルブの比較
Hikaku

* LEDバルブは取り付けたのとは別の物
 大きさはほぼ同じ

ヘッドライト用だと気にする点なのに、全く気にしていなかった。
しかたないので、グローブボックスASSYの穴を拡大。
Widenedhole
柔らかい材質だったのでニッパーとカッターだけで広げられた。

純正のバルブより少しだけ明るくなった・・・ような気がする。

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

60,000km

2020年3月15日、2013年2月17日の納車から2583日目で、走行距離60,000km到達。写真取り損ね。

| | コメント (0)

2020年3月 8日 (日)

タイヤ入れ替え(冬→夏)

3月8日、スタッドレスから夏タイヤに交換。

走行距離59,831km

スタッドレスタイヤでの走行距離 1,367km (59,831km - 58,464km)

今シーズンこそはスキーに行こうと思ってスタッドレスタイヤを新調したが、結局行けずじまい。

雪はチラチラと舞っただけだったし、氷が張ったのも1回しか見ないという暖冬。
凄くもったいない買い物だった気がする。

去年の3月9日にタイヤ入れ替えをした時点で53,938kmだったので1年弱で5,893km走った。

その1年前は10,899kmだったのでたった55%。

| | コメント (0)

2020年2月15日 (土)

温水ヒーターパイプの断熱

うちのアウトランダーPHEVには電気温水式ヒーターをオプションでつけているが、その温水のパイプが、車体下でむき出しになっていた。
アルミパイプっぽいが、せっかくヒーターでつくった温水が冷えてしまいそうだったので、水道管用の断熱材を巻いてみた。

断熱材

ホームセンターで1m 250円程度の、外径4cm、内径2cmの物。
車体との隙間が狭いので、取り付けできない場所もあったが、ぴったりはまって結束バンドで止めなくてもいい場所もあった。

さて、効果はどうだろう・・・。

| | コメント (0)

«3回目の車検終了