2019年4月 3日 (水)

USB端子増設と照明

少し前に、ETC本体の上のスイッチパネルの真ん中、車両接近通報装置OFFのスイッチとLDWOFFスイッチの間のブランク部分にエーモンのUSB接続通信パネル(トヨタ車用 2311)を取り付けた。
このUSBパネルには照明がなく、夜間はUSBケーブルを挿しづらい。
そこで、他の照明とあうようにオレンジ色のLED(12V用抵抗付き)を購入、USBパネルの裏側に固定してみたところ、うまくいった。

左隣の車両接近通報装置OFFのスイッチを外すとケーブルが4本出ていて、そのうちの2本がイルミの12Vとアースだと思われた。この2本から電源をとって完成。

と思ったら・・・問題発生。

翌日の仕事帰り、メーターの車両接近通報装置のインジケーターが勝手にオンオフすることに気づいた。
確認すると、インジケーターだけではなく、警告音もオンオフしている。
接触不良?と思ったが、そうでもなさそう。
とりあえず、接続部分を外してみたら問題解消。単純なイルミ電源ではなかったらしい。
ではヒューズボックスから、と思ったが、それらしいヒューズが見当たらない。
仕方がないので、ETC用に取り付けられていた電源取り出し用コネクター(部品No. 246L4 3713)から電源をとることにした。
グローブボックス周りを外さないとならないので手間がかかったが、なんとか目的は果たせた。
* 当然、コネクターからすぐのところにヒューズを入れた。1個100円しないLEDをつけたことで車両火災になったりしたら洒落にならない。

USB_LED

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

タイヤ入れ替え(冬→夏)

3月9日、スタッドレスから夏タイヤに交換。

走行距離53,938km

スタッドレスタイヤでの走行距離 1,341km (53,938km - 52,597km)

ついでにタイヤ+ホイールの重さを量ってみた。
 ヨコハマBlueEarth RV02(225/55R18)+純正ホイール・・・22.7kg
 Michelin X-Ice3(225/60R17)+WORK EMOTION CRkai・・・20.4kg

今シーズンは雪道というかシャーベット状の道を通勤で10km程度走っただけだった。

去年の3月24日時点で43,039kmだったので1年弱で10,899km。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月24日 (木)

6年目の点検

6年目の12ヶ月点検終了
走行距離 52,753km
駆動用バッテリー容量残存率 71.3%

ブレーキバキュームタンク交換(補償)
フロントストラットダストブーツ交換(補償)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

タイヤ入れ替え(夏→冬)

夏タイヤからスタッドレスに交換
52,597km

数年ぶりで自分で交換。

リアはガレージジャッキで簡単に上げられた。
しかし、フロントはジャッキアップポイントが奥過ぎてレバーを動かせず断念。
サイドシルの下のジャッキアップポイントにジャッキをあてて持ち上げた。

久しぶりのタイヤ交換は疲れた。

4シーズン目なので来年は買い換え検討しないと・・・
と、去年書いたが、先立つものがないので、同じタイヤ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 4日 (火)

シートベルトバックルカバー

AliExpressでおもしろい物を見つけた。
安かったので早速購入。
1個1.49ドル 4個で5.96ドル 約700円。

Img_0785

Img_0786

思ったよりもシートカバーの青に近い色だったので◎。

追記 ・・・ バックルの滑りが悪く使い難いので運転席だけ外した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月17日 (土)

Clazzioのシートカバー

前に書いたように、シートの表皮がひび割れてしまったため、シートカバーを購入した。
購入したのは

 Clazzio Neo Plus
  • EM-0765
  • 基本カラー:ブラック
  • シートライン:Wステッチ
  • ステッチカラー:ブルー
  • ウイングパーツカラー:シートラインと同色
9月末に注文して、昨日11月16日に商品到着(注文時に納期1.5~2ヶ月と連絡あり)。

早速取り付け。(取り付け中の写真はなし)
リアシートのチャイルドシート固定アンカーのプラパーツの下にカバー素材を入れ込むところが大変だったが、それ以外は写真付きの説明書に沿ってやれば難しいところはない。
ただし、指先は痛くなった。

Npf

Npr

質感はとてもいい。ウィングパーツをブルーにしてみたのも正解だった。

* フロントのヘッドレストはDVDプレーヤー・モニター内蔵の物に交換してあるため、Clazzioは不使用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 4日 (日)

シートのひび割れとヘタリ

新車で購入してから5年半、シートにひび割れ発見。
Hibiware

ディーラーに行ったら、シートクッションカバー交換で工賃込み45,000円近くという高額。

しかも、カバー自体受注生産で納期がかなりかかると言う。

検討の結果、気分転換も含めて Clazzio のシートカバーを購入することにした。 → 現在納品待ち。

ひび割れはシートカバーでのカバーでいいとして、ひび割れた場所あたりのヘタリも気になったので、少しばらしてみた。
Photo

まず、シートハイトアジャスターレバーキャップを外したところにあるタッピングビス2本とリクライニングアジャスターレバーのタッピングビス1本、合計3本を外して、2本のレバーを取り外す。
ハイトアジャスターレバーの向こう側(写真ではちらっと見えている)にあるリクライニングアジャスターレバーキャップを外す。
(シートハイトアジャスターレバーキャップとリクライニングアジャスターレバーキャップは爪ではまっているだけ)
Bunkai1

次に、シートの後ろ側にあるサイドシールドカバーのタッピングビスを外す。
Bunkai2

サイドシールドカバーの写真の嵌合を外し、後ろ側を外側に広げながら全体を前にずらして、取り外す。
Bunkai3

シートクッションカバーはシートのフレームにはまっているだけなので、その部分を取り外す。
Bunkai4 Bunkai5

カバーをめくるとひどい状態だった。スポンジはぼろぼろで、カスがフレームにたまっている。
以前から気になっていたフロアに落ちていたカスはこのスポンジのカスだった。
Sponge

ここに、以前100均で買った厚さ1センチ程度の硬質クッションを現物あわせで切ってはめ込んだ。
Hosyuu Sponge3

あとは元に戻して終了。 微妙に段差ができたが、納品待ちのシートカバーには厚めのスポンジが内蔵されているようなので、気にならなくなるだろう。

ちなみに、硬質クッションは、フロアコンソールボックスの蓋の加工に使った物と同じ物。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月30日 (日)

50,000km

2013年2月17日の納車から2051日目で、走行距離50,000km到達。

50000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月 9日 (日)

ステアリングカバー

点検の時にエクリプスクロスを借りた。
エクリプスクロスのハンドルは基本は自分のアウトランダーPHEVと同じだけど、グリップが全体に一回り太く、革の手触りも全く違った。

車用品店でよく売っているようなステアリングカバーは見た目も悪いし太すぎるので、作業はかなり面倒な気がするが、AliExpressで売っている車種別の物を購入した。

サイトの説明には
 Material Type : Leather
ってなってるけど、同程度の値段だとほかの業者のは
 Material Type : Micro Fiber Leather
で、他の業者で Leather だと値段が2倍くらいするので、たぶん Micro Fiber Leather だと思う。

Sc1
まずは位置合わせ

Sc2
元の縫い目とカバーの縫い目を合わせる

Sc3
ステアリングスイッチは裏のねじを外して浮かせる

Sc4
面倒な編み上げ作業

Sc5
完成

ハンドル裏側に少し浮きができてしまったけど、修正は面倒なので放置・・・・・・・・・・。

9月11日追記  ハンドル裏の浮きの修正
100均で買った衣類用接着剤をヘラで押し込んでおいて革をハンドルに押しつけるように固定。
一晩放置したらいい具合になっていた。

径が少し太くなって表面さらさら、エクリプスクロスのハンドルに近くなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

補機用バッテリー交換

アウトランダーPHEVを購入して5年半、車検の時にも、6ヶ月点検の時にも、補機用バッテリーの交換を勧められたが、6万円と高額なため躊躇していた。

ネットの力でパナソニックの カオス N-S55B24L/HVオーディオテクニカのB端子用スペーサー TAD-2 を組み合わせれば使える、ということも知っていたが、この方法でも2万円かかるし、なによりスターターモーターを使うエンジン車と違っ劣化具合が全くわからないので、補機用バッテリー交換を伸ばし伸ばしにしていた。

家庭の事情で、昨年秋から普段より走行距離が延び(普段は1年で8,000kmのところ半年で8,000km)、5万キロに近づいてきたことと、同じ事情から楽天ポイントが多くたまったので、重い腰を上げ、交換することにした。

N-S55B24L/HVTAD-2 を楽天で購入し、両方とも今日配送された。

交換作業自体は簡単。

カーゴフロアボックスを外せば、普通のエンジン車のバッテリー交換と同じ。

交換時走行距離48,993km


注意点

1)マイナス端子を外してショートを防止。ただし、整備解説書には↓のように書いてある。

warning パワースイッチの電源モードをOFF後、2分間は補機用バッテリーのマイナス端子を切離さないこと。

いろいろなメモリーを消さないためにメモリーバックアップをしている場合、マイナス端子を外してもショートすることがある。・・・実はショートさせて驚いた。盲点だった。

2)TAD-2を端子に取り付けるとき、固いからといってプラハンなどで叩くと本体が割れる恐れがある。

3)バッテリーは重いので腰に注意。 落としてもとても危険。

Dsc_0260
元のバッテリー

Dsc_0261
カオスTAD-2 をつけたところ


| | コメント (0) | トラックバック (0)

«センターコンソールカバー交換